フードコーディネーターの資格を取って手に職を付けよう

食に関する専門資格

女性

フードコーディネーターとは、食に関する民間資格です。メニュー内容や食事シーンに使うアイテムの選定など、取得することで食に関する総合演出に携わることができます。フードコーディネーターの資格があれば、コマーシャルやレストランなど食にまつわるビジネスシーンで活躍することも夢ではありません。それでは、フードコーディネーターの資格を取得するにはどのような学校を選べば良いのでしょうか。取得の際に必要になる経費もあわせて説明していきます。フードコーディネーターには、3級から1級までのレベルがあります。3級の試験は18歳以上であれば誰でも受けられますが、2級と1級はその一つ前のレベルの級に合格しなければ受験資格が得られません。フードコーディネーターの資格を取得する一般的な方法として、高校卒業後に栄養や調理の学科を有する大学や短大や専門学校に進むという方法があります。短大や専門学校の中には、自動的に3級の資格が取得できる認定校もあります。学校を選ぶ際には通いやすさや学費も大事ですが、フードコーディネーターと同時に管理栄養士や調理師などその他の食に関する資格の取得に有利かどうか調べておくことが重要です。食に関する他の資格をあわせて取得することで、フードコーディネーターの専門性が高くなります。短大や専門学校は2年制ですが、大学になるとその倍の4年制となるためその分だけ学費と時間がかかります。じっくり勉強したいという場合には大学が適していますが、すぐに資格を取って仕事をしたいという場合には、短大や専門学校が適しています。

調理

仕事に結びつく学校選び

フードコーディネーターは、食に関するビジネスの場で幅広く活躍できる仕事です。フードコーディネーターの学校は、仕事をしながら通えるスクールから1〜2年かけてじっくり学べる専門学校までいろいろあります。学校を選ぶ時はカリキュラム内容が自分の目的に合っていることや、就職サポートの充実などを確認しましょう。

料理

学びやすい教室を利用

フードコーディネーターの資格を取得することによって、食に関する様々な仕事に関わることができます。取得方法は独学でも可能ですが、体系的に身につけたい場合には通信講座や専門のスクールで食に関する知識を身につける方がよいでしょう。

女の人

食に関する資格

フードコーディネーターは、食に関する基礎知識や経営のノウハウなどを理解していると認めるための資格です。日常生活に役立てることも出来ますし、ビジネスとして役立てることも出来るなど、利用価値の高い人気の資格です。