フードコーディネーターの資格を取って手に職を付けよう

学びやすい教室を利用

料理

入門からスタートする

フードコーディネーターは食の多様化に伴って、活躍の場が広がっている職業です。主にフードコーディネーターの仕事は食に関わる全般を包括的にコーディネートすることになります。例えば、食の楽しみ方や、調理の仕方やレシピの考案、テーブルコーディネート、企業や学校などへ食に関するアドバイスやサポートを行うことがあたります。フードコーディネーターは資格がなくても活躍できますが、クライアントの信頼を得るためにも日本フードコーディネーター協会が付与する資格を取得することが大切です。フードコーディネーターの資格は入門の3級からスタートして2級、1級へとステップアップさせていきます。3級は専門の学校に通わなくても独学でも学習して取得できる資格です。それ以外には通信教育やスクールに通って取得する方法もあります。2級は3級の取得が受験資格になるため、段階を追って資格の取得が求められます。協会が認定する教室では必要な要点を細かく学習することができるため、1級まで取得したい場合には利用することをおすすめします。体形的に知識を身につけることによって、仕事での活躍も広がり現場でも役立つでしょう。教室に通うことが忙しくて難しい場合には、通信教育を利用する方法もあります。この場合においても知識を体系的に効率よく身につけられるカリキュラムであり、自身の隙間時間を利用して資格取得をめざすことができるでしょう。いずれの場合においても、3級からの取得が必須になるため、まずはそこからスタートしましょう。