フードコーディネーターの資格を取って手に職を付けよう

仕事に結びつく学校選び

調理

目的に合ったカリキュラム

フードコーディネーターは、レシピを考案するだけではなく、調理する方法や、美味しそうに見える食器選びや盛り付け方、テーブルコーディネートまでをトータルで考える仕事です。雑誌やテレビなどの撮影で活躍する有名なフードコーディネーターの方もいますし、店舗や企業でのメニュー開発や、料理教室でアドバイザーを行うなど、食に関するビジネスで幅広く活躍の場があります。フードコーディネーターは、資格を取得しないとできない仕事ということではありませんが、民間の協会が認定している資格であったり、栄養士や調理師等の、食に関わる知識や技術の資格を取得している人も多くいます。フードコーディネーターを目指せる学校は、週に3回程度、仕事をしながら通えるスクールから、1〜2年かけて栄養や調理のことを本格的に学ぶ専門学校までいろいろあります。通えるペース、費用によっても選定ポイントは異なってきますが、目指す方向性にあったカリキュラム内容であることが最も大切でしょう。現場のプロ講師から学べる、実習が多い、撮影や商品企画などの幅広い知識が学べるなど、各スクールによってカリキュラム内容には特徴があります。カリキュラムの中で民間のフードコーディネーターや食品衛生責任者などの資格を取得できる学校もあるので、就職にあたって必要になりそうな資格を目指せる学校を選ぶのもいいでしょう。また、卒業後の就職先に実績があったり就職支援サポートが充実していることも学校選びの大切なポイントです。